国立国会図書館がノマドワーカーと読書好きに最高の環境である5つの理由【ノマド】

ヤマネコです。@yyama65 つい最近まで人生の迷子になって本を読みまくってました。

カフェ巡りしたり図書館巡りをしていたんですが、国立国会図書館がすごく快適だったのでオススメです。

国立国会図書館って何?

 

国立国会図書館(こくりつこっかいとしょかん、英称:National Diet Library)は、日本国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕する図書館である。また、納本制度に基づいて、日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の法定納本図書館である。設置根拠は国会法第130条及び国立国会図書館法第1条。

国立国会図書館は、日本の立法府である国会に属する国の機関であり、国会の立法行為を補佐することを第一の目的とする議会図書館である。同時に、納本図書館として日本で唯一の国立図書館としての機能を兼ねており、行政司法の各部門および日本国民に対するサービスも行っている。バーチャル国際典拠ファイルに参加している。    Wikipediaより

一言で言うと名称の通り国が立てた図書館です。

どこにあるの?

国会議事堂の横にあります。最寄り駅は永田町駅です。

利用できる人は日本国籍を持っている人なので、東京都民でなくても利用が可能です!

国立国会図書館のすごい所

どんな本でも20分以内に読むことができる!

発売されて間もない本は読めないことが多いですが、マンガや雑誌も管内で予約申請すれば20分〜15分で借りることができます。

一般の図書館のように本が陳列されていないため本を読む場合は予約申請が必須になります。

管内に高速Wi-Fi完備!

マクドナルドやスターバックスでもWi-Fiは利用できますが、利用時間が1時間に制限されていることが多いです。しかし国立国会図書館の場合高速Wi-Fiが飛んでおり、制限時間はなく、都内の公共施設で最も快適に利用できると言えます。

電源とデスクもたくさんある!

電源があるかどうかもノマドワーカーには重要だと思いますが、十分な広さの机と電源がPCルームに設置されています。椅子の座り心地も快適です。

図書館内にカフェが2つと食堂と売店がある

お腹がすいても図書館内にカフェや売店があるので、作業に疲れたらすぐに行けます。

図書館利用料は無料!!

図書館の利用にはこれだけの設備を利用できて無料です。コワーキングスペースが1時間1200円くらいするので、圧倒的なコストパフォーマンスだと思います。

まとめ

僕は地方在住なので東京に来て時間がある時はいつもここに来てます。

法律系やマイナーな語学系の本は非常に高いので、こちらで本を借りて勉強されている方が多かったです。

みなさんもぜひ利用してみてください。