長いと思っていた1ヶ月間のいなフリ (田舎フリーランス養成講座)もあっという間に終わってしまいました。

今回はいなフリに奥さんと子どもを連れてやってきた受講生、おかぴーにいなフリに参加した理由や感想についてインタビューしてみました。

いなフリに参加したいと思っているけど「家族がいるから難しいなー」とか「興味あるけど、仕事休めないな。」と思ってる人に参考になれば幸いです。

おかぴーの略歴

愛知県名古屋市出身、現在33歳。信用金庫で3年間務めた後、実家の家業である伝統工芸に携わる会社の2代目後継者として6年間、父とともに雑用から実務まですべてのことに携わる。

しかし、親との経営方針の食い違いにより別の道を探していなふりに参加。

去年結婚し、奥さんと7ヶ月の赤ちゃんを連れていなかフリーランス養成講座に参加。

和やかな雰囲気の優しい性格と思いきや、いなフリ期間中の自己分析講座で冒険家としての素養があることが判明。

おいしい食べ物が好き。

参加する前は不安も多かった

ー1ヶ月間お疲れ様でした。今回いなフリ(田舎フリーランス養成講座)に参加した理由を教えてください。

元々地方を活性化してみたいと思ってインターネットで調べていたら、日本の田舎を開拓してみるっていうサイトを見つけて、いけちゃん(山口拓也さん)のやってることを聞いてみたいと思ったことがきっかけでした。

いなかを開拓するっていう所にグッと来て、しかもフリーランス養成講座もしてることがわかったから「ためしにいってみようか。」って感じでしたね。

ーいなフリに参加する時に不安などありましたか?

ありましたねー。

僕は会社のパソコンを直したり買ったり、自社の商品をECサイトで販売することもあったので、多少IT関係の知識があったんですが、ブログもやったことなかったし、パソコンの前にずっといることがあまり好きではないので、不安を感じました。

それから年齢に関する不安もありました。今年33歳になるんですが、調べてる限りだと新卒の若い人ばかり参加してるみたいだし、物覚えもあまりよくないから浮いてしまうんじゃないかと思いました。

いなフリが始まって初日も「これから上手くやっていけるんだろうか?」とか「赤ちゃんが泣いて家で迷惑かけないかな?」と奥さんと不安になってました。

ー不安は解消されましたか?

全然だいじょうぶでした。

わりと30代も多かったしバックグラウンドが全然違うけど価値観が似てる人達が多かったから、居心地が良かったです。

今回は年齢層が高めだったみたいでしたが、7月〜9月の夏休み期間中は大学生が多い傾向にあるようですね。

子どももそこまで夜泣きしなかったです。池ちゃんのお子さんもまだ小さいくて、池ちゃんの奥さんと一緒に子育てできる環境だったので恵まれていました。

池ちゃんの奥さんは本当に良い方で、子どもの世話について相談にのってくれて助かりました。

金谷は子育てしやすい環境が整っている

ー奥さんとお子さんを連れて今回のいなフリに参加された理由は何ですか?

はじめは1人でいなフリがある千葉県金谷市に来ようと思いましたが、妻に「一緒に行く?」って試しに誘ってみたら「行きたい。」と行ってくれたので、試験的な移住もかねて家族で一緒に行くことに決めました。

将来的には地方移住を検討していたので、今回は移住を考える良い機会になったと思います。

ー暮らしてみてどうでしたか?

メチャクチャよかったですね。

都心からも遠くないのに海もキレイで。

何より赤ちゃん連れてると住人の人達が優しく声かけてくれてうれしかったです。名古屋にいるときは道を歩いていても赤ちゃんに声をかけてくれることは無かったですね。

あと、金谷は子育てに快適な施設が多くて運が良かったと思います。子育てには良い場所だと思いますね。

ー1ヶ月の期間の長さはどう思いますか?

普通に考えると1ヶ月参加はハードルが高いと思いますね。1ヶ月休暇を取ることは日本に勤めている会社員の場合中々難しいからです。

今回の受講生も会社を辞めて来た人達が5人くらいいるので、人生の大きな決断をしてここに来た人も少なくありません。

それでも出てきちゃうしかない。

自分に合っている講座なのか体験してみないと分からないし、会社のこと、家族のこと、仕事のこと、30代になると考えなきゃいけないこといっぱいあるけど、乗り越えて来た価値はありましたね。

受講生やメンターとの交流が一番の財産

ー今回のいなフリ参加して良かったことは何ですか?

ブログを始める方法など教えてもらって良かったことは色々思いますが講座の内容よりも、ここにいる人達との交流が一番良かったことだと思っています。

これまでの会社生活ではお金に関することばっかりやってました。銀行もそうだし、会社経営も。

知らないうちに誰もが自分と同じようにお金についてずっと考えてるんだと思ったけど、それが当たり前じゃないってことを知って、お互いの価値観の違いに気づけたというか、自分の考えと違った意見を素直に聞けるようになったと思います。

みんなの話を聞いてるうちに「よーしもう一回商売でがんばってみるか!」って気持ちになれました。

あとは高さんという韓国人の方に出会えたのも大きかったですね。彼は受講生に自己分析の講座を開いてくれたり、個人面談をしてくれて自己理解を大きく進めることができました。

ーおかぴーさんとおなじように家族でいなフリ参加を考えてる人に準備した方がよいものなどありますか?

必須なのはパソコンくらいであとはなんとかなります。

Amazonに頼めばすぐに商品が届くし、近くに小さなスーパーもある。 あると便利なものは車ですね。このあたりは観光スポットがいっぱいあるし、赤ちゃんが楽しめる所もけっこうある。海鮮料理もとても安くておいしいです。子どもが風邪を引くことが何度かあったんですが、その時も車で病院まで行きました。

あとはブログやりたい人はWordpressでブログ開設する所までいっておいた方が得られるものが多いかもしれません。

ー講師陣の方々はどうでしたか?

とても良い方々でしたね。いなフリではメンター制度ってものがあって、1人の講師に対して3人の受講生が今日やったことやこれからの目標を毎日報告します。

毎日ブログ続けるために発破をかけてくれましたね。背中を押すというより突き落としてくれました(笑)

ー最後にこれからいなフリ受講を考えてる人にアドバイスとかありますか?

今この記事を見られてる方はいなフリについての情報を色々探されていると思いますし、本当に大丈夫なのか不安もあると思います。

僕も不安だったのでいなフリについて書かれているブログを読んで参考にしました。しかし、最終的には他人の評判より自分の判断や意志が大事だと思います。

僕は父親と会社を経営してることもあって、家族と公私を共にすることが多かったですが、今回の受講は親には相談していません。 相談してもフリーランス=危ないという固定観念は変わらないと思うからです。

生活についてもシェアハウスで共同生活が上手くやっていけるか心配だと思いますが、みなさんとても優しいので大丈夫だと思いますよ。

まとめ

今回いなフリ生同期のおかぴーさんに初めてのインタビュー記事に挑戦してみました。

おかぴーさんはいなフリ講座終了後、こちらに移住して健康に良い食品の販売を軸に色々なことに挑戦する計画を立てています。

同じように家族を持っていたり、30代で自分の進路を考えているかたはおかぴーさんに気軽に連絡してみて下さい。

Twitter : おかだ@いなフリ12期@yuuuheee1001 

撮影協力:うだつ@いなフリ12期@udatsu_a 

追記:おかぴーの奥さんもいなふり体験記事を書かれました。移住を考える人にとても参考になる記事なのでぜひ見て下さい。

  家族でプチ移住!+田舎フリーランス養成講座についてってみました。