【教材紹介】IELTSおすすめサイトと問題集

一時期IELTSのスコアアップを目指していたので勉強していたのですが、そびえ立つ壁が大きすぎて1年スパンで毎日ちょっとずつ進むことに決めました^^;

そんな自分がよく使っている所を今回紹介しようと思います。

IELTSとは

International English Language Testing SystemIELTS, アイエルツ)とは、英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構ブリティッシュ・カウンシルIDP Educationによって協同で運営されている。アカデミック・モジュール(Academic Module大学や他の高等教育機関への出願のためのテスト)とジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module、一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の2種類がある。ーWikipediaより

日本ではTOFELが有名ですが、IELTSが体力的にラクだという情報があったので、僕はIELTSの試験対策に重点を置きました。

しかし自分にとっては難易度が非常に高いです。なぜなら単語が海外の大学で使用されるレベルのもので、文章も長く、文法のレベルも高いです。

試験問題は下記のサイトがオススメです。

模擬試験

Ielts Online Tests.com

 

ここのサイトはUIが秀逸でリスニングのスクリプトも掲載されてるので復習にとても便利です。スコアもしっかり掲載されます。

Amazonで最新の過去問題集であるIELTS12を見ると5600円もします。高い・・・・

しかしカナダのAmazon.caで調べると現在55.58CDN≒4898円(2017年10月31日現在)であるため、若干安く買うことができます。どの国で買っても内容は一緒なので紙媒体で勉強したい人はこちらのほうがオススメです。

IELTS解説

IELTSはYoutubeで解説動画が多くあって、解説を聞くこと自体が英語の勉強になります。中でもエマ先生の解説は分かりやすいです。

IELTSの解説本ではシモン先生の本が飛び抜けて良い情報が載ってます

Kindle unlimitedに入会されてると、無料で見ることができます。

スピーキング

IELTSではスピーキングキングテストがあります。こちらもYoutubeで雰囲気をつかむことができます。

僕がやっていた勉強法は、試験官が質問したあとに動画を一時停止して自分なりに答えて、答えたあとどのような解答を出すのか参考にしてました。

ライティング

ライティングは最も独学で勉強しづらいパートですし、伸びがみえにくいです。僕はこちらのサイトを参考にしてました。

IELTS Exam.net

まず模範解答を英訳して、文章をどうやって繋げているかや頻出する単語を確認しました。More over とか Therefore とか。それでも自分のレベルより高すぎる模範解答を見ても勉強にならないので、まずは書くことから始めました。

まとめ

どんなスキルもそうですがIELTSはレベルが上がれば上がるほど、停滞期間が長くなります。IELTSは特にレベルアップに時間がかかるので忍耐力が必要だと思います。ちょっとずつがんばりましょう!!