あなたの人生が変わる!自制心を持つために必要な戦略

こんにちわ,ヤマネコです。

皆様は自制心が強いでしょうか?

僕は今新しい分野の勉強に挑戦しているんですが、中々習慣に定着せず、挫折しつつあります(泣)

これはいかんと思い、備忘録として改めて「自制心」について本を読みましたので紹介させて頂こうと思います。

自制心があることのメリット

1、誘惑に振り回されない

テレビをつければおいしそうなケーキ、スマホを触れば楽しそうなYoutube、外を歩けばコンビニが私達を誘惑します。今は暇つぶしすることには全く困らない時代で、気づけば人生に最も貴重な時間やお金が失われてしまいます。自制心は誘惑の多い社会で行きていくために必須のスキルだと思います。

2、新しい習慣を始められる

習得したいスキルや良い習慣を継続するためには、習慣を変える必要がありますが、その時にも必要になってくることが自制心だと思います。

3、習慣が変われば人生が変わる

新しい習慣を見に付けることが出来た時、新たなことが出来る自分が待っているはずです。

自制心は筋肉と同じ

[amazonjs asin=”4479305580″ locale=”JP” title=”スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)”]

この本で書いてあることで最も驚いた点は、自制心は筋肉と同じで毎日消耗をするため、消耗した自制心が誘惑に対抗することは難しいということでした。

朝起きた時がMAXパワーで、夜寝る前が最も消耗して誘惑に弱くなっていると言えます。

そうなると戦略として以下のことが考えられます。

新しい習慣は夜より朝にするべき

仕事や学校から家に帰って来たあと、何もする気が起きなかったことはないでしょうか?

そのような状態でがんばろうと思っても自分との闘いに負けるのが目に見えています。 出来る限り自制心が高い状態の時に新しい習慣を始めた方が良いでしょう。

独りでやろうとしない

人間は社会的な生き物なので、チームでの決め事や目標に大きな力を発揮します。特に日本人の場合集団の力が強いのでチームを作ることは達成率が大きく高まります。

目標は分割し、可視化できるようにする

可視化できない抽象的な目標を持っている場合、進歩している実感を持つことは難しいです。良いゲームか悪いゲームかを決める大きな要素はゲームバランスの違いにあります。出来る限り記録をして成長を実感できるようにするとモチベーションが高まります。

 

まとめ

今回自制心を勉強して、改めて自分に照らし合わせてみると、目標値を自分のレベルよりもかなり高く設定していたことが原因だったと気づきました。 また、成長が実感出来るような記録をつけていなかったため一歩も前に進んでないような気になっていました。

今後は今日やったことなどを記録してちょっとでも進んでいることを実感したいと思います!!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です