【書評】「ブロックチェーンの衝撃」仮想通貨について深く知れる本でした

最近仮想通貨について勉強しているんですが、Googleで「ビットコイン」とか検索しても、難しい横文字がいっぱいならんでてよく分かってませんでした。

今回紹介する本は仮想通貨について初めて知る人には難しい本でしたが、ゆっくり読み進めると仮想通貨の根幹にある「ブロックチェーン」というテクノロジーがいかに画期的で、最近流行語になっているAIに負けずとも劣らないテクノロジーであるかが理解できます。

著者が仮想通貨とブロックチェーン技術の豪華メンバー16人が執筆しており、面白い人のセクションだけ読ませて頂きました。

[amazonjs asin=”4822236595″ locale=”JP” title=”ブロックチェーンの衝撃”]

 

 

ビットコインはインターネット発明と同じくらい価値がある

ビットコインはそもそも最も基本的なレベルで、コンピューターサイエンスにおけるブレイクスルーである。〜このブレイクスルーの重要性は、どれだけ誇張しても言い過ぎることはないだろう

ーp77.ネットスケープ創始者マーク・アンドリーセン

この言葉はけっこう衝撃的でした。ネットスケープといえば初めてブラウザ(インターネットでWebサイト見る時に使うソフト)を作った会社なので、先見の明があると会社と言えます。

 

ブロックチェーンはビットコインの根幹技術

ビットコインはブロックチェーン技術を応用して作られたデジタル通貨です。上記のネットスケープで例えるなら、ブラウザがビットコインで、ブロックチェーンはインターネットです。ビットコインのすごい所は、インターネットとブラウザを同時に世に出した所であると言えます。

ビットコインこそがブロックチェーン技術を生み出した元祖であり、それ以外はビットコインによって発明された同技術を応用した後発のものである。             ー出典 ブロックチェーンの衝撃 p123 テックビューロ 代表 朝山 貴生

 

朝山さんが執筆された章の「ブロックチェーン概論」が個人的に最も面白くて、ブロックチェーンに関する新たな知識を得ることができました。

ブロックチェーンの最大の利点は何か?

朝山さんによるとブロックチェーン最大の利点は劇的なコスト削減にあるそうです。金融業界ではサーバーが落ちることは企業の存続を左右するほど大きな損失です。そのために緊急用の電源やサーバー、メンテンナンス、人件費に多大なコストをかけています。

しかし、ブロックチェーンを利用しているビットコインは稼働を開始して世界中から高負荷のアクセスがあったとしても一度たりともサーバーダウンしていません。

そのため、サーバーにかけていたコストが必要なくなるため経費の削減につながります。

まとめ

とても面白い本でした。

ブロックチェーンの技術的な部分についてはまだ勉強が必要ですが、世界がより良くなることを想像することはすごくワクワクすることでした。